こんにちは。

鹿沢インフォメーションセンターでございます。

野草園内にリンドウが蕾を膨らませてきました。

エゾリンドウ
エゾリンドウ

秋の気配とリンドウの青。

次々と変化する自然の色は、不思議とその季節にとても合います。

園地にチチタケが顔を出しました。

チチタケ(上)とチダケサシの茎(下)
チチタケ(上)とチダケサシの茎(下)

チチタケ(ベニタケ科・食)

傘の直径は5~12cm、表面はオレンジがかった褐色でビロード状、開くとじょうご形になる。傘に傷をつけると白い乳液を出す。

こんにちは。

鹿沢インフォメーションセンターでございます。

真夏のキャンプ場の賑やかさもお盆を過ぎて少し落ち着いてきたようです。

野草園の花々も夏の盛りから変化してきました。

ススキの穂に、オミナエシ。

標高1400メートルの高原は少し秋の匂いがしてきました。

高原の夏は儚く短いですね。

とても、過ごしやすい気候です。

そして、一足早い秋の味覚、「KINOKO」達が園内の至る所にニョキニョキ。

見定めるは己の目玉と知識です。

自己責任でお楽しみください。

キャンプ場内釣り堀
キャンプ場内釣り堀

鹿沢からこんにちは。

午前11時、晴れ(気温25℃)心地良く風が吹き、過ごしやすい一日です。

鹿沢園地内キャンプ場は、子どもたちの賑やかな声が響いています。

美しい緑、澄みきった小川、小鳥のさえずり、この豊かな自然の中に、子どもたちを連れだすといろんな一面を発見できますよ。

この夏、皆さまも家族でキャンプに出かけてみませんか。

インフォメーションセンター玄関前の気温
インフォメーションセンター玄関前の気温

鹿沢からこんにちは。

正午現在、晴れ、気温25℃。

関東甲信地区では、昨日、梅雨明けした模様と気象庁から発表されました。

お客様からは「涼しいですね」とお声がけがありますが、鹿沢園地内(標高1400m)では、真夏の気候です。

羽化したコエゾゼミ(体長42mm)
羽化したコエゾゼミ(体長42mm)

台風一過の晴れ間が広がる鹿沢で、羽化したばかりのコエゾゼミを見つけました。

名前に北海道を意味する「エゾ」とありますが、長野県でよくみられます。

コエゾゼミの近縁種にクマゼミがあります。クマゼミは南方系の大型のセミで、幅広の頭部を持ち、コエゾゼミをひと回り大きくしたような体をしています。

クマゼミは20世紀後半から西日本の都市部で増加が目立つようになりました。これらの都市部では、アブラゼミからクマゼミへと優占種の交代が起きており、ニイニイゼミやツクツクボウシの姿はあまり見られなくなりました。

雌花

鹿沢からこんにちは。

小雨にもかかわらず、朝の散歩会で3名の参加者がいらっしゃいました。

ご参加本当にありがとうございました。

散歩道中で見かける花から一種紹介したいと思います。

こんにちは。

鹿沢インフォメーションセンターでございます。

長い雨模様の日々も一段落。そろそろ、梅雨明けの頼りが届きそうですね。

本日の鹿沢園地も程よい日差しと風が吹き抜け、森や山は夏の香りに包まれております。

標高 1400メートルの高原の夏。

8月になっても最高気温は25℃ほどです。

マタタビ
マタタビ

鹿沢からこんにちは

午前8時 晴れ 気温21℃、風がやや強い

今朝の散歩会に車いすの方もご参加されましたが、コースはスタッフが臨機応変に対応しますので大丈夫です。 機会がありましたら遠慮せず皆さまのご参加、お待ちしております。

私の通勤途中の道際で真っ白い葉をよく見かけますので、同僚スタッフに聞くと間違いなく「マタタビ」と即答。

鹿沢からこんにちは。

午前8時、快晴(気温18℃)。平野部では厳しい暑さとなっているようで、熱中症注意情報が伝えられていましたが、ここ鹿沢の地は別世界です。

鹿沢園地内のキャンプ場は、昨日から家族連れで盛況です。