現在の噴火警戒レベルは「3」=入山規制=です。
気象庁は2019年8月7日(水)午後10時8分ごろ群馬・長野県境の浅間山で小規模な噴火が起きたと発表し、噴火警戒レベルを1から3(入山規制)に引き上げました。
今後、山頂火口から半径約4キロ以内では大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼び掛けています。