浅間山の噴火警戒レベルについて
レベル
1

活火山であることに留意

火山活動の状況

火山活動は静穏。火山活動の状態によって、火口内で火山灰の噴出等が見られる(この範囲に入った場合には生命に危険が及ぶ)。

とるべき防災対応

浅間山の火口から500m以内に入ってはいけません。

レベル
2

火口周辺規制

火山活動の状況

火口周辺に影響を及ぼす(この範囲に入った場合には生命に危険が及ぶ)噴火が発生、あるいは発生すると予想される。

とるべき防災対応

浅間山の火口から2km以内に入ってはいけません。

レベル
3

入山規制

火山活動の状況

居住地域の近くまで重大な影響を及ぼす(この範囲に入った場合には生命に危険が及ぶ)噴火が発生、あるいは発生すると予想される。

とるべき防災対応

浅間山の火口から4km以内に入ってはいけません。一般道の一部で通行が規制されます。

レベル
4

避難準備

火山活動の状況

居住地域に重大な被害を及ぼす噴火が発生すると予想される(可能性が高まってきている)。

とるべき防災対応

自治体・消防・警察の指示に従い、避難の準備を始めてください。

レベル
5

避難

火山活動の状況

居住地域に重大な被害を及ぼす噴火が発生、あるいは切迫している状態にある。

とるべき防災対応

自治体・消防・警察の指示に従い、避難してください。