Get Adobe Flash player

このコンテンツを表示するにはプラグインが必要です。

仕事を終えて帰路につく途中、ふと道端を見ると、牛が1頭、脱柵していました。

湯の丸高原では、毎年レンゲツツジの開花に合わせて、牛の観光放牧が行われています。
急いで湯の丸高原ホテルに牛の脱柵を伝えに行きました。

「牛が1頭脱柵しているんですが」
 「場所はどのあたりですか」
「九十番観音の少し上です」
 「民宿わたらせの近くですね。わたらせの鴇沢さんに応援を頼みましょう」

湯の丸高原ホテルの従業員を現場へ案内すると、すでに鴇沢さんが到着していました。

 「車との接触事故が心配だね」
「鴇沢さん、どうしますか」
  「牧柵の有刺鉄線を切って中へ入れるしかないな」

脱柵した牛
脱柵した牛

 「霧が濃くなってきた。急がないと」
「準備ができたら合図をください。追い込みますから」
  「待って。今、入れやすいところを探しているから・・・」

鴇沢さんがワイヤーカッターで有刺鉄線を切り始めたとき、 それまでおとなしくしていた牛が突然向きを変えて、背後にある柵を乗り越えようとし始めました。

 「あっ、そっちじゃない!」

見る間に牛の前足が柵を乗り越えていきました。

「大変だ!有刺鉄線が牛に!」

そのとき、柵の杭の1本が横に倒れて、牛は無事、放牧区へと戻っていきました。

「ふぅ。やれやれ」
 「この杭、根本がぐらぐらじゃないか」
  「うん。打ち直しておこう。その前に、切った鉄線をつながないと・・・」

こうして、発見から20分で、牛を柵の中へ戻すことができた(?)のでした。

(F)

自然・環境

雪紅葉

2017年10月19日

紅葉シーズンを迎えた鹿沢に初雪が降りました。赤いハウチワカエデと、その上に積もる白い雪の対比が鮮やかです。 ...

続きを読む
おしらせ

いきものみっけ2017~いきものたちの変化を追え!~

おしらせ 2017年08月02日

生物多様性センターでは、身近にいるいきものの観察からその変化を知ることを目的とした、市民参加によるいきもの調査「いきものみっけ2017」を実施します。 この調査では、身のまわりにいるいきもののうち、「身近ないきもの」、「北上するいきもの」、「外来生物」の中から...

続きを読む

草津白根山の規制緩和について

火山 2017年06月16日

草津白根山の噴火警戒レベルが1(活火山であることに留意)に引き下げられたのを受け、草津町は15日午前8時から、火口周辺の立ち入り規制を1km圏内から500m圏内に緩和することを決めました。 草津白根山の噴火警戒レベル 変更前 2...

続きを読む