鹿沢の自然情報をお届けします

フィールドノート

牛が脱柵

2017年06月28日 自然情報

仕事を終えて帰路につく途中、ふと道端を見ると、牛が1頭、脱柵していました。 湯の丸高原では、毎年レンゲツツジの開花に合わせて、牛の観光放牧が行なわれています。 急いで湯の丸高原ホテルに牛の脱柵を伝えに行きました。 「牛が1頭脱柵しているんですが」  「場所はどのあたりですか」...

続きを読む

篭ノ登山フラワーハイキング

2017年06月23日 行事案内

ジオサイトへ行こう! 浅間山北麓ジオパーク D6浅間・烏帽子火山群 浅間山北麓ジオパーク湯の丸エリアのジオサイト「D6-浅間・烏帽子火山群」の一座を占めるかごやまは、リンネソウの代表的な生育地です。 このツアーでは、リンネソウやシャジクソウなどを実際に観察しながら、分布が限られるデリケートな野草や高山植物との付き合い方を考えます。

続きを読む

花めぐり 池の平湿原ハイキング

2017年06月19日 行事案内

池の平湿原は三方ヶ峰火山の火口原に位置する高層湿原です。 初夏のコマクサ、夏のアヤメ、盛夏のヤナギラン、晩夏のマツムシソウ、初秋のオヤマリンドウなど、数多くの草原植物の花が咲くほか、カラマツの天然林なども見られます。 標高2000mに広がる雲上の花園へ出かけましょう!

続きを読む

シカは増えすぎたのか?

2017年06月18日 自然情報

湯の丸高原北面に、メスのニホンジカの群れが姿を現しました。

湯の丸高原に現れたニホンジカの群れ
ニホンジカは1980年代以降から数が増え、これに伴い各地で農林業への被害や、自然の植生が大きく変わってしまうなどの影響が見られるようになりました。

続きを読む

草津白根山の規制緩和について

2017年06月16日 おしらせ

草津白根山の噴火警戒レベルが1(活火山であることに留意)に引き下げられたのを受け、草津町は15日午前8時から、火口周辺の立ち入り規制を1km圏内から500m圏内に緩和することを決めました。 草津白根山の噴火警戒レベル 変更前 2火口周辺規制 火口から1km圏内の立ち入り規制 変更後 1活火山であることに留意 火口から500m圏内の立ち入り規制

続きを読む

草津白根山 噴火警戒レベルを1に引き下げ

2017年06月07日 おしらせ

気象庁は草津白根山について、「山頂火口から1kmの範囲に影響を及ぼす噴火の可能性は低くなった」として、6月7日午後2時に火口周辺警報を解除しました。

続きを読む

湯の丸高原臨時バス・リフト運行情報

2017年05月23日 おしらせ

夏山シーズンを迎えた湯の丸高原では、臨時のバスやリフトが運行されます。

続きを読む

アカハラはカラマツ林が好き

2017年05月19日 自然情報

霧がかかるなか、カラマツ林沿いの道を歩いていると、アカハラ(スズメ目ヒタキ科)に出会いました。

アカハラ
霧の日は見通しが悪いので、鳥はあまり飛ばずにじっとしていることが多く、思いがけなく近くで観察することができました。

続きを読む

湯の丸高峰林道の開通について

2017年04月23日 おしらせ

冬季閉鎖中の湯の丸高峰林道は2017年5月3日(水・祝)に開通する予定です。 開通予定日 2017年5月3日(水・祝) 今後の気象条件により変更となる場合があります。 通行できる時間 07:00~17:00 夜間はゲートが閉まります。ご注意ください。

続きを読む

自然とともにくらす知恵

2017年04月21日 自然情報

浅間山の南西部に位置する長野県東御市は、雨が少なく日照時間が長いところです。

全国の降水量(国土地理院発行 新版日本国勢地図H12)
日本の年間降水量・・・1700mm 東御市の年間降水量・・・979.6mm
全国の日照時間(1977年刊行 日本国勢地図帳)
日本の年間日照時間・・・1850時間 東御市の年間日照時間・・・2109.8時間 これは海上の湿った空気が偏西風に乗って、日本海側や北アルプスに多くの雨や雪をもたらしたあと、乾燥した空気が浅間山の南西部に流れ込むためです。

続きを読む